自分に合った腕時計を身につけるポイントとは!?

ビジネスシーンで合わせる場合

時計は腕から少し見える程度だから、そんなに気を配らなくてもと思う方もいるのではないでしょうか。名刺交換やメモをとる際、相手は自然と手元に目がいってしまい、時計も自然に目に入ってきます。その時にスーツ姿に浮くような時計をしていると、相手に不快感を与えることもあります。デザイン性や個性的な時計ではなく、万人受けするシンプルなもので、文字盤は白を基調としているものが良いでしょう。時計のストラップが靴の色に合っていないと、違和感を与えてしいまいますので、注意が必要です。

自分の腕に合う色を探す

パーソナルカラーという言葉を聞いたことはありますか。これは、ひとりひとりに似合う色のことで、洋服だけでなく腕時計でも当てはまります。ブルーベースとイエローベースがあり、ピンクが似合う方はブルーベース、オレンジが似合う方はイエローベースと言われています。パーソナルカラーに合った色の腕時計をつけると、手元が普段より明るく見える効果が得られます。自分で判断できない場合は、お店の方に聞いてみましょう。ストラップの素材や色味、文字盤の色で自分の腕の色合いが全く違って見えます。

自分の体型と時計の形のバランスを見よう

腕時計には華奢なものから、大きなものまで様々なタイプがあります。手首の細い方は、時計の厚みが薄い方が全体のバランスが良く見えます。体格のよい方は、厚みのある大きな時計の方がつけた時のバランスが良いでしょう。自分の体型に合った時計を選ぶことで、トータルコーディネートをしたときにもバランスが取りやすく、オシャレに見えます。時計を購入するときは腕の上だけで試すのではなく、つけた時の全身のバランスもチェックすると失敗が少なくなります。

世界トップレベルの時計メーカーのパイオニア。ロレックス。スイスで生産過程から検品まですべて自社で手作業する拘り。その正確さ・貴賓ある品格に、世界中の富裕層やセレブが最も愛用する時計メーカーです。