皆に喜ばれるお土産のチョイスの心がけ3つ

味の好みを把握してチョイス

食べ物をお土産として考えるとき、甘党の人には気軽につまめるお菓子など、お酒好きや辛党の人にはおつまみになるものや、塩気やピリリとした辛味の聞いた味付けのものなどを選べば喜ばれます。都内には沢山のお土産スポットがあり悩むところですが、好みの味の傾向を把握していれば、そう迷わずきめられるでしょう。またダイエット中の女子には、カロリー控えめのスィーツを選ぶなどすればさらに気のきいたお土産として喜ばれるでしょう。お子さんがいる家庭にはおやつ系、大人やご年配の方にはお茶うけやお漬物などが喜ばれるのではと思います。好みのものを頂いたら、お子さんのいる家庭ではわーっと盛り上がりますよね。大人でもいただき物の包を開けるときは嬉しいものですよね。

高すぎないものがよい時、そうでない時を考える。

気軽にお土産を大人数に配りたい時などは、小さめのものを、沢山用意して、気兼ねない価格のものを購入して配るのがよいてしょう。お世話になっている度数が高めだったり、リッチ層の方に差し上げる時は、好みも合わせて考えてその方々が好きそうなもの、それなりの価格帯で選ぶ方がよいでしょう。付き合いの浅い方、知り合ったばかりの人に高いものをあげて、こんな高いのいただいちゃったわと気を煩わせてはお土産の良い意味が損なわれてしまいます。TPOに合わせて選んで、お土産の良い風習を買う方もいただく方も楽しみたいですね。

食べ物以外の時は慎重に選びましょう。

好みに合わない置物などもらっても置所にこまって、しまっている。なんて小話を聞いたことがあるように、リクエストやあれほしいなーって声を聞いていたらそれは喜ばれますが、飾り物やキーホルダーなどよほど好みやリクエストを把握していない時は避けたほうが無難です。家族や親密な仲にはよい時もありますが、食べ物以外で選ぶときはそれ以上に慎重に選びましょう。これをあげたい!とひらめくものがあったらそれはそれでいいと思いますが、相手が喜ぶ!という確信があればそれば素敵なお土産になること間違いありません。

東京の新しい観光名所としてたくさんの観光客が訪れているスカイツリーでは、土産もたくさん販売されています。スカイツリー開業当初、知名度の低かったスカイツリーの土産も、いまや東京の名物になりつつあります。