長く使用するために!機械式時計をケアする方法

時計を保存するときは?

機械式時計は高温多湿な環境、磁気に近い場所、機械式時計の落下に弱いです。その為、梅雨の時期から秋の初めにかけて管理に注意が必要です。また、磁気に弱く落下すると壊れるので、電化製品より遠く、できるだけ平面の場所に置くと安全に管理できます。そして、時計の置き方については、一番気を付ける点は文字盤を上にして置けば問題ありません。時計を縦横どちらにすべきということはありません。デリケートな時計なので気を付けて管理しましょう。

時計をガードするためにも専用ボックスを

落下や湿気などから時計を守る必要がありますので、専用のボックスがあるとよいですね。もちろん、専用のボックスも湿気には気を付けましょう。他にもホコリにも弱いので、拭いておくのもよいですね。また、自動巻きモデルであった場合はわざわざ時計合わせや日付合わせをする必要を省くために、ワインダーと呼ばれる内部が回転することによって自動でゼンマイを巻いてくれるものがあると便利です。機械式時計を長く使う為にもボックスを上手く活用して管理しましょう。

時計の故障で気を付けること

時計に故障はつきものですが、原因としてあがるものは、湿気などで水分が時計内部に侵入した場合にゼンマイが切れてしまう場合が多くの故障原因になります。時刻や日付を合わせている間に汗などの水分が侵入してしまい、故障してしまう恐れが有ります。普段から問題なく使用していても、日によって時計が進んだり遅れたりとバラつきが見られた場合、故障の前兆になるかもしれません。また、潤滑油が切れている場合や部品の摩耗が進んでいる場合もありますので、注意が必要です。

ブシュロンとはフランス生まれの高級ブランドで、アクセサリーにおいて世界中で高い人気があります。雑誌などでも注目を集めています。

ゼンマイで動く「機械式時計」と「機械式腕時計」の魅力

「機械式時計」とは…?

現在使われている時計のほとんどは、電池や電気で稼動します。また最近では、アプリが使えたり、メールやSNSをチェックできたりするスマートウォッチと呼ばれる高性能の時計が注目を集めていますよね。ですが、こうした時計は「機械式時計」ではないんですよ。「機械式時計」を端的に説明すると、ゼンマイで稼動する時計のことです。基本構造はシンプルですが、ストップウォッチ機能やカレンダー機能が付いている「機械式時計」もあるんですよ。

「機械式腕時計」のファッション性

昔は世界を席巻していた「機械式時計」ですが、現在は主流の時計とは言えません。それに、最近は携帯電話やスマートフォンなどでも時間の確認ができるため、時計自体使わない人も増えていますよね。ですが、「機械式時計」の中でも「機械式腕時計」は、依然として人気があるんですよ。その一番の理由は、ファッション性の高さです。「機械式腕時計」は長い歴史がありますし、長い時間をかけて技術が蓄積されてきました。ですので「機械式腕時計」は、重厚かつクラシカルなデザインが魅力ですし、技術の集積を視覚的に感じることができる機能美も備えているんですよ。

独自の魅力を持った「機械式腕時計」ブランド

独自の魅力を持った「機械式腕時計」ブランドはたくさんありますが、これには理由があるんですよ。1960年代に日本の時計メーカーが高精度のクオーツ時計を低価格で販売し始めました。そのため「機械式腕時計」ブランドは、こうしたメーカーに対抗するために、独自のブランドアイデンティティーを確立する必要が生じたのです。そして、多くの「機械式腕時計」ブランドは、大量生産・低価格販売を行う腕時計メーカーにはないようなオリジナリティーを獲得していきました。また、「機械式腕時計」は寿命がとても長いので、一生モノのファッションアイテムだと思って買ってみるのもいいかもしれませんね。

ダミアーニは、イタリアを代表するジュエリーブランドで、独創的なデザインや高品質を誇り、数多くのセレブリティから支持されています。

こんなシーンにも!リュックを使ったコーディネート

リュックはフォーマルなコーディネートにも使える

リュックといえばカジュアルなイメージがどうしてもありますよね。しかし、いま流行のリュックはあえてフォーマルな格好をしていてもそのバランスをグッと変えてくれるアイテムとして流行しています。リュックの素材にも注目してみましょう。キャンバス生地はカジュアルなコーディネートに向いていますが、革のリュックやナイロンのリュックはフォーマルな格好をしていてもはずしすぎないアイテムとして活躍しますよ。ブラウスにリュックといったコーディネートも可愛いですよね。

リュック選びは用途を選んで

リュックは用途によっても使うものを変えたいですよね。いま流行している大きなリュックはカジュアルなシーンに向いています。中身もたくさん入りますから通学・通勤にも使えてたいへん便利ですよ。しかし、流行しているのは大きなリュックばかりではありませんよね。A4サイズの従来のおなじみのリュックも使えます。手軽に使いたいといった用途なら気軽なミニサイズリュックでも充分かっこよくキメることができますね。腰から少し上辺りで背負うときっちりした印象を与えることができますよ。

リュックをオリジナルのアレンジでデザインする!

シンプルなリュックを持っているけれど使っていなくてタンスの肥やしになっているひとも多いですよね。流行しているけれどどう使っていいかわからないといったひとも多いのでは?そんな時はリュックを思い切ってタンスからだしてリメイクしてしまいましょう。あなたの好きな缶バッジやワッペン、リボンそういったものがリュックのアレンジに使えます。お気に入りの缶バッジをひとつつけるだけでもテンションがあがりますよね。思い切って自分流のリュックを作ってみましょう。

リュックのブランド品は破れにくい質の良い素材を原料にしていますので、丈夫で長持ちする製品がほとんどです。