長く使用するために!機械式時計をケアする方法

時計を保存するときは?

機械式時計は高温多湿な環境、磁気に近い場所、機械式時計の落下に弱いです。その為、梅雨の時期から秋の初めにかけて管理に注意が必要です。また、磁気に弱く落下すると壊れるので、電化製品より遠く、できるだけ平面の場所に置くと安全に管理できます。そして、時計の置き方については、一番気を付ける点は文字盤を上にして置けば問題ありません。時計を縦横どちらにすべきということはありません。デリケートな時計なので気を付けて管理しましょう。

時計をガードするためにも専用ボックスを

落下や湿気などから時計を守る必要がありますので、専用のボックスがあるとよいですね。もちろん、専用のボックスも湿気には気を付けましょう。他にもホコリにも弱いので、拭いておくのもよいですね。また、自動巻きモデルであった場合はわざわざ時計合わせや日付合わせをする必要を省くために、ワインダーと呼ばれる内部が回転することによって自動でゼンマイを巻いてくれるものがあると便利です。機械式時計を長く使う為にもボックスを上手く活用して管理しましょう。

時計の故障で気を付けること

時計に故障はつきものですが、原因としてあがるものは、湿気などで水分が時計内部に侵入した場合にゼンマイが切れてしまう場合が多くの故障原因になります。時刻や日付を合わせている間に汗などの水分が侵入してしまい、故障してしまう恐れが有ります。普段から問題なく使用していても、日によって時計が進んだり遅れたりとバラつきが見られた場合、故障の前兆になるかもしれません。また、潤滑油が切れている場合や部品の摩耗が進んでいる場合もありますので、注意が必要です。

ブシュロンとはフランス生まれの高級ブランドで、アクセサリーにおいて世界中で高い人気があります。雑誌などでも注目を集めています。